総量規制対象外のキャッシング

総量規制ってなに?

総量規制とは、2010年6月18日に改正された貸金業法という、お金の貸し借りに関する法律改正の中の一つで、個人(一般消費者)の借入総額を原則として年収の3分の1に制限する法律の事です。

貸付の契約方法としては、

・個人向け貸付け
・個人向け保証
・法人(企業、会社)向け貸付け
・法人向け保証

と、大きく分けて4つの種類があります。そのうち、総量規制に該当するのは「個人向け貸付け」のみとなります。なんか聞きなれない言葉ですよね。具体的に言うと、一般的に消費者金融と言われる会社(アコム、プロミスなど)から担保なしのキャッシングを利用する事が該当します。
また、消費者金融からのキャッシングだけでなく、クレジットカード会社も対象となっており、クレジットカードのリボルビング払い(リボ払い)、キャッシングもこれに該当し、計算の対象になります。

困った時は
キャッシング総合ランキング

 

NO IMAGE

総量規制の対象外ってどういう事?

総量規制の対象になるのは、「貸金業者」だけなんです。貸金業者というのは、消費者金融やクレジットカード会社など、財務局やは都道府県に「貸金業者...

記事を読む

NO IMAGE

総量規制の対象外となる項目

除外 ・不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む) ・自動車購入時の自動車担保貸付け ・高額療養費の貸付...

記事を読む