キャッシングで借金300万円、返済は月13万円。借金に捧げている人生

gf1940038134l

私は、若い時に300万円ほどの借金がありました。その借金というのは、私が夢見た職業の対策に使ったお金がほとんどで、当時のわたしには、その夢しか見えておらず、お金をいくらつぎ込んでも危機感というものはありませんでした。

なぜ危機感がなかったかというと、その職業につければ返せる見込みがあるぐらい収入がよい職業だったからです。いわば、夢をつかむためのギャンブルをしていたのです。

神様はまだ私を見捨てていない

その時、私の周りの人はそろそろ「諦めなよ」と言ってくれる人もいたのですが、わたしは小さい頃からの夢をどうしても諦められず無我夢中でお金をつぎ込んでいったわけです。その時、夢に向けて働きながら対策をしていたのですが、やがて貯蓄も底をつき、手を出したのがカードキャッシングでした。

カードキャッシングは作る時の審査もやさしくわたしは、カードを3枚作りすぐに、3枚分のカードすべての限度額分借り、神様はまだ私を見捨てていないと思い無我夢中でお金を作り対策にあてていました。

ずっと応援してくれていた彼女との別れ

そして、対策のかいなく、わたしは夢にやぶれてしまった訳なのですが、ふと気づいた時には、借金が300万円に膨れ上がっていたという悪魔を見たわけです。毎月の請求額も、13万円と考えられないほどの額で、一つの仕事では返済することができず、睡眠時間2時間と言う地獄みたいな、日々が始まったわけです。

仕事は、3つ掛け持ちし休みなしで働き一生懸命、返済のお金を作っていたのですが、ここでまた一つ不幸な出来事がおきます。それは、ずっと応援してくれていた彼女との別れです。

仕事ばっかりしていたわたしに愛想尽かして別れを告げていたのです。わたしは、何も反論すら出来ず別れたのですが、すごく心の中では悲しくいてもたってもいられないほど苦しいことでした。

わたしが計画なしで作った借金は

まだ辛いことはたくさん数え切れないほどあるのですが、お金というのはすごく怖いと実感した瞬間でもありました。キャッシングというのは借りた当初は使うだけで痛くもかゆくもなく、自分のお金だと思い込み一瞬使ってしまうのですが、使った後は自分のお金じゃないという現実を知り返済に何年もつらい思いをすることになります。

この、辛い思いをわたしはもう、3年も続けているのです。ほんとにつらい3年でしたが、まだあと2年しないといけない状態なんです。もちろん、いい年して彼女もできず、みじめな生活をしていて、同窓会なんかにも出席することもはずかしくて行くことすらできないんです。

わたしは今、借金のために仕事をし、借金のために節約し、借金のために人生を捧げているわけです。わたしが計画なしで作った借金はわたしに一瞬の楽しさを与え、そして苦しみを何倍にも増やし、わたしを、奈落底に落としてしまったわけです。

btn_mckd

btn_acom