借金50万円と40万円では利息が全く違う。出来るだけ返済額を増やす事が大事

af9940059205l

転職による給料激減と義父の生活費工面のために数社のキャッシング会社にお金を借りました。一社につき30万円から50万円程であります。50万円強の借り入れで3万円を返済とすれば2万円が利息という感じでした。本当に高い金利であり、なかなか減らすことができませんでした。

自身もパートにでることとなり、返済額も増やすことができました。元本をより少なくすることが大切なのであります。50万円と40万円では、利息が全く異なります。

生活に喜びや潤いは必要

完済額はできるかぎり少なくしたいものであります。しかし日常が切迫となれば、体にも影響を与えることとなるかもしれません。健康第一であり、体あっての返済であります。

病気となれば返済も滞ることもあるかもしれません。借金を増幅とさせることは避けたいものであります。しかし生活に喜びや潤いは必要不可欠であります。喜びを感じられない生活はよりしんどいものであります。

小さな喜び、ごほうびは必要不可欠でありそれはあるようにしました。それが完済の活力にもつながったと思います。何もごほうびはお金をかける必要はないでしょう。

目標を決めておくとよい

お金を使わなくともできることは多数ございます。それを見つけるのも楽しみの一つでもあります。何事も楽しみながら行うことも大切であります。話すことも大切であります。ストレス発散となります。マイナスなばかりではつらく、より返済が長く感じられることとなるでしょう。

いつのまにか完済が理想であります。だらだら返済ではなく、目標を決めておくとよいと思います。目標はやるきにもつながるでしょう。重要ポイントであります。人生にメリハリも必要であります。

完済金額はより少ないことが理想

つらいばかりでは、本当に大変であります。精神が病むことは、身体をも悪くすることにつながることとなるかもしれません。心と体はつながっているのでございます。

ずっと全速力は、しんどいものであります。失速し、より時間がかかることとなるかもしれません。より円滑に無駄のないことが需要であります。できるならば、完済金額はより少ないことが理想ではあります。しかし追い詰めることとなるようであれば、無理が重なりよいことにつながらないこととなるかもしれません。

デメリットにつながらないよう、一呼吸できる環境の中で進めることが良いと思いました。本当にしんどいことではありましたが、教訓ともなりました。こころの成長にもつながったと強く感じております。

この経験はよいことに活かしていこうと思っております。二度と同じ間違いはいたしません。より賢い選択をしていきたいと思います。

btn_mckd

btn_acom