生活費をスロットに…。キャッシングで借りたお金も使ってしまい…

pl160

私は大学と卒業時に東京に夢を追い求めてきました。地元からの引っ越し代金、あとは家具などすべてスロットで稼ぎだしました。もう東京に出てきたらそんなことしてる場合じゃないし、辞めようと思っていました。半年間スロットもすることなく順調に私の人生は進んでいたのですが、友人とフラッと何気なくスロットの店に入ってしまいました。するとあの頃を思い出せるようなBGM、店長らしき人物の愛想よさ。

時給いくらかで働いている自分が馬鹿に思える

これはやばいなーと感じ始めたが、そんなに軍資金もなくちょっと打って辞めようと友人と話もして開始しました。すると五千円も投資していないのだが、そこからノリにノリまくってしまい、+10万円の利益を得てしまったのです。時給いくらかで働いている自分が馬鹿に思えてしまうマジックにかられました。

そこからまたスロットにはまりだして、そんな上手い話はなく、ちょくちょくと負けが続きました。もうお金もなくなったから辞めよう。と思い最後にすると言って行ったらまた勝ってしまい、そのループが続きました。一度に勝つ金額は大きいですが、トータルすると負け越していました。

かなりのマイナスが続き

スロットはATの時代に突入し、当りまでがかなり長く、あとは引き次第で爆発するといった台が大半を占めるようになりました。相当な金額を突っ込んでもその分見返りがあるのが醍醐味で、それを信じて突っ込みまくりました。気がつけば突っ込んだ額の1/10ぐらいで、かなりのマイナスが続いてしまいました。

あるときから使ってはいけない生活費をスロットに投資してしまうようになりました。スロットで元の生活にもどしてやろうと思っていましたが、一度負の連鎖に陥った私は、その樹海から抜け出せなくなりました。携帯電話料金や、家賃も払えなくなり、キャッシングでお金を借りてしまいました。即日振り込みされ、家賃などを払い落ち着きましたが、あと10万円も借りれる事に気づき、迷わず借りてしまいました。

10万円を握りしめ、またスロットに

その10万円を握りしめ、またスロットに足を運んでしまいました。ここで勝ってもう足を洗おうと。しかし人生はそんなに甘くありませんでした。半日で10万円がなくなり、生活費のあてにしようと考えていましたが、またお金がなくなりました。しかしお金を貸してくれる所は増額がすぐにできてしまい、金銭感覚が麻痺した私にすぐ貸してくれました。

またそのお金で戦う。そして負ける。現金がないからクレジットに頼ってしまい。給料の半分以上はクレジットの支払いで飛んでしまいます。そんな生活はまだ続いていて、早くこの負のループから抜け出したいです。

btn_mckd

btn_acom