Q:キャッシング会社が倒産したら借金は返さなくてもイイの?

pl150

以前、消費者金融のT社が倒産したというニュースが記憶にあります。
今現在、2社に80万円ほどキャッシングで借りているのですが、T社のように自分が借りている会社が倒産したら、借りていたお金は返済しなくてもいいんでしょうか?もしそうだったら嬉しいです。

(30代、男性、会社員)

A:残念ながら返済義務は残ります。

貸金業法の改正や、それに伴う過払い金の返還請求など、数年前に消費者金融業界は大きな転換点を迎えました。殺到する過払い金請求で資金繰りが悪化し、消費者金融の業界最大手 武富士が民事再生の申請をするなど、中小規模の金融会社だけでなく大手も大変大きなダメージを受けました。

もし自分が借りているキャッシング会社が倒産したら、借りているお金は返さなくていいの?そんな期待も良く分かります。でも、残念ながらその可能性は限りなくゼロに近いです。

仮にあたたがA社から100万円をキャッシングしたとします。この時、A社とあなたとでお金の貸し借りに関する契約をします。内容としては、

・あなたは100万円をA社から借りた事
・金利、手数料は○○%である事

などです。この契約書は、A社はあなたから100万円+利息を返してもらう権利を明記したA社の「資産」と言えます。一般的にこれを債権と呼びます。

キャッシング会社A社が倒産すると…

仮にA社が倒産したとします。A社はお金を貸すために銀行など色々な会社からお金を借りていたり、事務所を借りていたりしている訳ですが、倒産するとこれらのお金が払えなくなり、A社は周りから負債を抱えている状態になっています。会社が倒産する時って、会社の口座や金庫にはほとんどお金が残っていない状態なので、A社にお金を貸していたり、家賃など払ってもらう予定のお金(売掛金と言います)がある人たちが困ってしまいます。

そういう時には「破産管財人」という立場の人がA社の代理人として交通整理を行います。
A社は消費者金融ですので、お金を貸す事が仕事でした。A社の資産と言えるのが債権、つまり「みんなからお金を返してもらう権利」です。破産管財人はA社の債権を精査し、回収の見込みが高いもの、半分くらいしか回収できなそうなもの、回収が難しそうなもの、などと債権の回収難易度にランクを付け、これを第三者に「売却」します。

・回収見込みの高い(これまで返済が滞っていない)100万円の債権を70万円
・回収見込みの低い100万円の債権を10万円

みたいな感じで値段を付けて販売するのです。破産管財人は、こうやってA社の資産を売却していって、A社にお金を貸していた人、売掛金のある人などに分配していくのです。

債権回収会社

あなたとA社の契約が債権回収会社(お金の回収を専門にやっている会社)であるB社に売却されたとします。B社に権利が移った後、B社はあなたに「あなたがA社から借りていた100万円の回収権利をB社から引き継ぎました。つきましては来月からB社の口座に返済をお願いします。」と言った内容です。

このように、あなたがA社から借りていた100万円はB社に権利が移り、B社に返済が続く、という仕組みになっています。ですので、借りたA社が倒産しても、返済義務は別の会社に移るので、借金がチャラになる事はありません。

btn_mckd

btn_acom