Q:キャッシングするのは普通ですか?

私は子供の頃から親に「お金を借りるのは悪い事だよ」と教えられてきました。だから、今までキャッシングだけでなく、クレジットカードも作ったことがありません。

今、結婚2年目で最近知ったのですが、夫は以前から何度もキャッシングを利用していたようなのです。金額は1度に数万から多い時で10万円位借りていて、月4万円のお小遣いの中から少しずつ返済していたようなのですが、総額で50万円位の借入残高がありました。利息分がもったいないので、家を買う為に貯めていた貯金から一括で返済しました。

夫からすれば「この位の金額ならいいじゃん」という感じで、少しも罪悪感は感じていないようでした。確かに50万円位なら、頑張ればどうにかなるかもしれませんが、これが100万円、200万円になってくると簡単には返済できません。夫が異常なのでしょうか?それとも私が厳し過ぎるのでしょうか?

(30代女性、既婚、会社員)

A:必ずしもキャッシングを利用する事が悪いとは言えません。

非常に難しい質問ですね。簡単に善か悪かで決めるのは難しいと思います。

「借金」という括りで考えると、キャッシングに限らず、クレジットカードや住宅ローン、マイカーローンも「借金」と言えます。企業の場合だと、お金を借りて、そのお金で事業を大きくして、利益をもっと大きくするのは当たり前にしていますし、借金をして事業の拡大スピードを速く出来ない経営者は能力が低い、なんて言われてしまう事もあります。

代表的なのはソフトバンクで、今ではソフトバンク=携帯会社として定着していますが、携帯会社は大きな借金をしてボーダフォンという携帯会社を買収したものです。もし、ソフトバンクが借金=悪という考えでボーダフォンを買収していなかったら、今のソフトバンクは無かったと言えます。

話を企業から個人に戻しましょう。
前述のように「借金」という括りで考えると、クレジットカードも住宅ローンも借金です。では、住宅ローンを借りて家を買うのは「悪」でしょうか?たぶん、多くの人が「悪じゃない」「キャッシングと住宅ローンは違うよ!」と思うんじゃないでしょうか?では、同じ借金なのに住宅ローンとキャッシングは何が違って見えるのかを考えてみましょう。

住宅ローンが「悪」と思われない(思われにくい)理由として、「返済計画をしっかり立てて借りる」という事が大きいと思います。住宅ローンの場合、

  • 購入した家を担保にする(返済出来なかったら家を売却してローンを返済する)
  • 多くの場合生命保険とセットになっていて、借主が死亡した場合、保険で残額が支払われる
  • 審査が厳しい代わりに金利がキャッシングと比べて低い

などがあります。 現在の収入、今後の収入などを予測してしっかりと返済計画を立てているので、「計画的な借金」という印象が強いのだと思います。

一方、キャッシングはどうでしょうか?

  • 金利が高い(住宅ローンなどと比べて)
  • 返済計画がない、あいまいである
  • 消費者金融に悪いイメージがある

などの印象を持っている人が多いんじゃないでしょうか。

確かに住宅ローンやマイカーローンと比べると、一般的には金利が高いケースが殆どです。しかし、借りる人の信用度が高い場合などによっては金利が低くなるケースもあります。

問題となるのは、返す計画がしっかりしているかどうかだと思います。10万円位なら、無計画に借りても大事に至る事は少ないと思いますが、100万円、200万円となると、返済が追いつかなくなる可能性が高くなりそうです。

アメリカなどでは普通の人がクレジットカードをたくさん持っていて、スーパーで買い物するのもクレジットカードを使っていたりします。また、住宅ローンの余剰分を利用してクルマを購入するなど、国によって借金に対する考え方が異なっていたりします。

結局のところ、借金は良いか悪いかの二者択一で考えるのではなく、返済できる範囲の借金は考え方によってはアリと言っても良いかもしれません。あくまでも利用する人の考え方によるものなので、お金の事を話し合うのは気後れするかもしれませんが、旦那さんとよく話し合って、お小遣いを増やしてあげたり、臨時の出費にはお小遣い以外にお金を出してあげるなど、臨機応変に対応してあげてみてはどうでしょうか?

btn_mckd

btn_acom