見栄を張り続けたばかりに借金が膨らんでしまいました

pl080

車もローンでBMWを購入

私は、都内に住む独身サラリーマンです。私は、子供の頃から特にやりたい職業もなく、大学生時代に登録してアルバイトしていた人材派遣会社の人に声をかけて頂き正社員として就職することが出来ました。この人材派遣会社は、当時ものすごく勢いがあり、全国に事務所を抱え、新規事業展開し、社員一同とても情熱的に仕事をしていました。

私は、営業職だったのですが、上司からは営業職は第一印象が大事だから、なるべくよいスーツや靴、腕時計、バッグなどを身につけるように常々言われていました。給料もボーナスも同年代のサラリーマンに比べて沢山もらっていましたから、車もローンでBMWを購入しましたし、マンションも都心部の家賃の高いところを借りていました。

ある日突然終焉

しかし、そんな暮らしがある日突然終焉を迎えたのです。グループ会社の不祥事で我が社も倒産寸前まで追い込まれてしまったのです。ほとんどの従業員がリストラにされました。一応、再就職先などの斡旋はありましたが、グループ企業の不祥事で面接に行ってもあまりよい印象を持たれないですし、なんとか中小企業に再就職出来たのですが収入も大幅にダウンです。

そうした状況でも昔の取引先から夜遊びに誘われたらキャバクラに遊びに行きましたし、キャバクラ嬢からも連絡があるとお店に行ったり、食事に行ったり、派手にお金を使っていました。当初は、退職金もありましたし、今までの貯金もあったから夜遊びができていましたが、だんだん貯金もなくなってきました。菜食先の収入では、家賃を払うのもキツかっあですし、車のローンを払うのも大変でした。

お金が無いと相手にされなくなるかも?

それでもキャバクラ嬢には、お金が無いと相手にされなくなるかも?との恐怖心から見栄を張り、お金のある振りをしていました。ちょうどクリスマスシーズンに彼女からブランド品のバッグがほしいとせがまれた時に借金をする決意をしました。それまで自動車ローンはあったのですが、キャッシングで借金するのは初めてでした。

最寄り駅にあるキャッシング店舗に訪れてみたところ、綺麗な店内で優しそうな女性が親切丁寧にシステムの説明をしてくれました。希望通り10万円をその日のうちに借りることが出来ました。毎月5000円づつ返済すれば良いので、無理なく完済できそうだと思いました。その後しばらくしてからお店からメールが届き融資可能枠が広がったとの連絡がありました。自分の財産が増えたかのような錯覚に陥り嬉しかったことを覚えています。

収入が大幅に減ったのだから

この時に収入が大幅に減ったのだから、キャバクラに行くのはやめて、車の売り、マンションも安いところに引っ越せばよかったのですが、借金を自分の自由に使えるお金だと勘違いしてしまい、もっと借りられるところを増やそうと思い、数社のキャッシング会社からお金を借りるようになりました。現在は借金を返すために借金をしているような状況です。

先日、実家に帰った折に父に嘘を織り交ぜて事情を話し、借金の返済に協力してもらうことにしました。またこれを機会に田舎に帰ることにしました。田舎で塗装業を営んでいる親戚がいるので見習いとして働きながら人生をやり直そうと思っています。

btn_mckd

btn_acom