奨学金と住宅ローンの返済でいっぱいいっぱいです!

pl035

父親は自営業でしたが

もともと実家はあまり裕福ではありませんでした。父親は自営業でしたが、あまり業績はふるわず、母親がパートに出たりしていました。私と姉も生活費として給与から家に5万程度を入れていました。大学進学時、奨学金を受けなければ生活が苦しく、利子ありと利子なしのものを2つ受けていました。

しかも私も将来を深く考えず、就職活動に身を入れなかった結果フリーターになってしまいました。当然月の給与も少なく、まずは家に入れるお金と奨学金の返済を抜くと、あとは遊ぶお金に使ってしまいほとんど貯金もしていませんでした。

就職活動をして正社員に

さすがにずっとフリーターというわけにもいかず、就職活動をして正社員となることができました。しかし全国転勤のある会社であったため、実家を離れ一人暮らしすることになりました。家賃は会社が持ってくれたものの、実家の生活費を仕送りしながらの一人暮らしはしんどいものがありました。家賃以外は自費であり、電気水道ガスなども総額2万ほどになってしまいます。やむなくカードを使って支払いをしていたところ、だんだんと支払額が大きくなってきました。

さらに地元に家を購入することになりました。まず、父親が自営業を廃業しました。それまでの店舗兼住宅が借家であったため、老後を考えてのことでした。高齢の親ではローンを組めず、正社員で働いている私名義とすることに。月5万円ほどが住宅ローンで消えることになりました。

ほとんど手元にお金が…

現在もひとり暮らしを続けていますが、毎月給料日前にはほとんど手元にお金が残りません。生活費を切り詰めていますが、貯金ができないどころか電気水道ガスの支払いも滞る時があるくらいです。奨学金と住宅ローンを合わせただけでも、月に8万ほどは確実に飛んで行ってしまうのはとても痛いです。

やむなく、空いた時間や休みの日を使って副業をしています。会社は副業禁止という規則があるので、表立ってはできません。日払いの単発バイトをして、臨時収入を得ています。割のいい交通量調査や試験監督補助などを探して働いています。一回で1万円前後の報酬があるので、生活費がぎりぎりの月なんかはすごくありがたいバイトです。このバイトだと、年末調整の時にも会社にばれることがないので、安心して働けます。

ですが、なかなか日時が合わなかったりと数を入れることができず、月に2回程度できれば良い方です。現在は、深夜のコンビニで働いて確定申告は自分で行って会社にばれないようにしようか検討しているところです。

btn_mckd

btn_acom