共働きをお勧めします!本当に子育てはお金がかかるんです

pl184

子供の将来や自身のこと、親のことを考えると共働きは必須であり、絶対条件です。保育園代は、やはり乳幼児に時期は一番お金がかかる時期であり、しかしそれでも出産後すぐの勤務は絶対条件です。

自由になるお金も捻出したいなら共働きは必須

同じ部署の方で育児休暇を1年きっちりととった方が復職を望んでいたのにもかかわらず部署異動かもしくは退職といったことに追いやられておりました。それを考えると同じ部署での勤務には、出産後すぐ勤務が必要条件であったのです。しかも育休時期は給料が半分となり、いきぬきも難しいことであります。自由なおこづかいを稼ぐ上でもすぐに勤務は絶対なのであります。

専業主婦が楽ちんという方はおられますが、わたしはそうは思いません。自由なお金も少なく、常にこどもと一緒というのはやはりストレス解消が難しく思います。こどもが大好きで、一緒にいることを負担とならない方もいるでしょう。

しかし社会で働く期間が長ければ長い程にやはり家で過ごすということはしんどく感じられるように思われます。高齢出産した方は多く感じていると思われます。

お金のない中のストレス解消は工夫次第

保育園料は、最初の1年から2年は、収入とプラスマイナス0あるいは、マイナスとなることが多いようですが、長く考えるとプラスとなるでしょう。金額面でもそうですが、精神的ストレス解消といった面でもプラスだと思われます。ママともとの交流でストレス発散とするのもよいでしょうが、やはり自由となるお金も必要であります。深い付き合いではなく、おしゃべりをするだけの関係は大変楽ちんであります。

仕事の食事中の会話がよりストレス発散となることもあります。心のゆとりが育児へも影響を与えるものであり、仕事との両立は体力的にしんどくとも精神的に安心感を与えるのであります。子供との関わりが円滑に運ぶためにも精神的なゆとりは必要不可欠なのであります。保育園料の負担は生活費の中で大きく圧迫するものではありますが、これもいつ用経費と考えより多く稼ぐことを考えましょう。常に楽しく・笑顔で生活するための経費なのであります。

仕事場での会話には生活へのヒントや知恵がいっぱい

仕事場での会話とは、ストレス発散以外にも、子育ての悩み・改善方法を得ることも可能です。核家族ならではの方法であり、より孤立化や思い悩むといったことを防止する方法なのであります。経験者の言葉とは、重みがあり、実体験でありますから検証済みであります。さまざまな方法を教えてもらえば、いろいろと試すことも可能であります。

色々試し、個々にあったものを見出せばよいのであります。言葉として吐き出すということがストレス発散へとつながるものであり、解決策が見つかる必要はありません。見つかればさらによいのですが・・・。

btn_mckd

btn_acom