夫のリストラでも子供の進学は諦めない!節約と奨学金で乗り切る

pl172

夫が15年勤めた会社でリストラされ転職を余儀なくされました。やっと見つけた再就職先の賃金はとても安く、夫婦、子供一人が食べることにもおぼつかないギリギリの収入です。年収にして280万程度。以前の勤め先の半分以下になってしまいました。

リストラされた時、退職金と持ち株の売却、有休分としてある程度まとまった400万を手にしましたが、職探しの期間の生活費と国民年金、健康保険代など出費もありました。収入は無いのに、それまでの暮らしをしてしまったので貯金が底をつくまでが早く、あっという間に生活困窮世帯になってしまいました。

夫のリストラで変わった子どもの教育事情

それまでは子供に家庭教師をつけていたのですが、月に5万くらいかかっていて教育にゆとりがありましたが、それもおぼつかなくなり、大学受験対策は高校の先生の時間外特別指導を受けました。正直に言うと進学を諦めて就職してほしかったのですが、将来の夢があるので大学に進学したいと言いました。私立大学だと年間300万くらいはかかるでしょうか。話し合ったすえ国立大学を目指す事になりました。

国立だと入学金は20万くらいで前期授業料も18万くらいです。学資保険が80万満期で支払われるのでなんとかなるのですが、その後にかかる授業料や市外の大学なので定期代もかかります。収入から出すことができません。悩みに悩んだ末、家族で話し合い子供には自力進学をしてもらう事になりました。自力入学とは奨学金をもらって進学することです。

奨学金を利用して何とか大学へ

奨学金にも色々種類があって、返済に利息がかかるものとかからないものがあります。子供は高校で成績が良かったので無利子で奨学金を受ける事ができました。ただ奨学金は大学を卒業すると支払って行かないといけません。子供に学生時代から借金を背負わせてしまったことに、親として情けないし惨めな思いをしました。

奨学金で授業料は賄えましたが、定期代やおこずかいは渡せないので、子供は週4日アルバイトをしてもらう事になりました。レンタルビデオ屋で働いています。それで定期代にしているのです。

節約生活でも心持ち明るくありたい

私は大きな病気をしたので働く事ができないので、節約を心がけました。家族のお弁当作り、安い食材探し、お風呂の湯で洗濯など。オヤツは手作りして外食はしません。つい余計な物を買ってしまうコンビニにも滅多に行きません。暖房費用がかかるので真冬でも18度くらいで過ごしています。自然と重ね着をして寒さをしのいでいます。

お金に困るようになってから当たり前ですが、何気なく使っている電気や水もお金がかかっているのだなと考えるようになりました。それでも子供は元気に大学にサークルにアルバイトで、学生生活を満喫しています。お金が無いことを除けば、円満な家庭生活ですから多少自由がきかなくても我慢出来ています。本当に奨学金はありがたいものです。返済のない給付型の奨学金が増えれば、進学率も上がると思います。愚痴を言い出したら切りが無いので、貧しくとも明るい女性でありたいと思っています。

btn_mckd

btn_acom