授業料は子供2人で1000万円。節約と副業で乗り越えました

pl173

私には長女、長男、次男と子供がいますが、長女と長男は年子のため、教育費用の出費が重なりとっても苦労しています。長女は大学院生、長男大学生、次男中学生と重なった時の事ですが、長女は国立の法科大学院に通っていました。国立なので授業料も国立大学とあまり変わらないと思っていましたが、授業料は、私立大学並みで、長男も福岡大学のスポーツ科のため学費の出費は高額になりました。

授業料は子供2人で1000万円

授業料に教科書代や、専門授業(息子は選択授業で、東北方面へ登山に出掛けたり)で出費がさらにあります。大学院生の娘も、奨学金で通っていましたが、教科書代やゼミの講習代と授業料以外の出費があり、奨学金だけでは賄えないくらいの出費があります。大学4年でかかる長男の授業料は360万~400万、大学(公立)と法科大学院の授業料は460万から500万、子供2人で約1000万のお金の出費がありました。

正社員の他に副業を2つ。貯金をしておけばと後悔

当時、主人は単身赴任、正社員として私も勤務していましたが、年に200万の授業料を支払う為には、私は副業を2つもしていました。夜間清掃の仕事と、平日は本業、休日は副業ととってもつらい時期でした。結婚した時は、教育資金をかけるほどの給料もなく、貯金もしない二人でしたので、今となっては、小学生を卒業するまでは、貯金をした方がよかったと後悔しています。

中学生になると、塾や習い事をするようになったので、貯金もできなくなりました。高校の時に長女が通っていた塾は、78万の教育ローンを組み1年で完済するシステムで塾代を払っていました。これが3年間続いた後、大学に入り、大学院へ通わせるのは、一般サラリーマン家庭では若い時に貯金をコツコツしていなければ、とっても大変な事だと痛感します。ましてや、主人が単身赴任で同居と違い生活費が個々にいるので、毎月の生活費も節約ばかりでした。

子供が頑張っているところを見たい!

大学院生時代は長女は1年間のみアルバイトをしていましたが、勉強がおろそかになるために辞めざるを得なくなり、家庭から小遣いを渡していました。単身赴任の主人にも節約をお願いしていましたが、やはり会社での出張や会議、付き合い等が重なり、私の父親へ子供の授業料を借入したこともありました。

上2人も授業料が必要ですが、次男も習い事をさせていたので、常に私はお金の事ばかり考えてストレスがたまって体調をこわしたこともありました。しかし、頑張っている子供の姿を見ていると何事にもチャレンジさせたいと思っていましたので、節約と、副業を頑張ってやり、その時期を乗り越えました。

btn_mckd

btn_acom