大学受験を目指す娘の学費を捻出する為に、年金保険を解約しました。

pl099

月の収入が…

 リーマン・ショックの頃、夫の仕事が激減し、月の収入が約半分になりました。その頃、娘は高校2年生でした。子どもはひとりでしたが。高校生を抱えながら収入が半分になるというのは、とても大変なことでした。しかも、娘は私立の高校に通っていました。そして、大学受験を目指していました。

 さて、夫の収入が半減した時、夫と一緒に、これからかかるお金などについて計画を立ててみました。高校の授業料とか、塾にかかるお金とかを書き出してみて、貯金から補填しないといけない分を計算してみたのでした。その結果、このままでは、大学受験などのお金が足りなくなることが判明しました。

娘は高校に通うために下宿

 幸い住宅や車などのローンは抱えていませんでした。しかし、いなかに住んでいるので、娘は高校に通うために下宿しており、そのための費用などがたくさんかかっていました。授業料と、娘の下宿に関する費用などは、絶対に削れない費用として計算したのでした。

 そして、足りない部分をどうしようかと思った時、夫婦ふたりで加入していた年金保険のことを思い出したのでした。さっそく、保険会社に連絡してみると、解約した場合に返戻されるお金は、ふたり合わせて400万円ほどでした。結婚してからすぐに加入したので、けっこうたくさんたまっていることの気がつきました。

元に戻るような見込みは…

 しばらくは、夫の収入が元に戻るような見込みはありませんでした。そして、貯金から補填するような生活がいつまで続くのかといっためどはたっていませんでした。けっきょく、夫とともに出した結論は、年金保険を解約するということでした。

 ただ、いざ解約するとなると、保険会社の人に引き止められて大変でした。でも、なんとか押し切って、解約することができました。そして、ふたり合わせて約400万円という解約返戻金を手にすることができたのでした。これで、夫の収入が少ない状態が続いても、大学進学の費用はなんとかなると思ったのでした。

なんとか…

 その1年後には、学資保険も満期を迎え、それも合わせたら、なんとか私立大学の4年分の授業料を確保出来ました。自分の年金保険はなくなってしまいましたが、子どもの学資をなんとか確保できたのは、よかったと思っています。

 年金保険も学資保険も、毎月引き落としの形で支払っていました。今思うと、毎月自動的に引き落とされて、手続きをしないと引き出せないという形のものは、教育費をためるためには簡単で確実な方法だといえます。そうでないと、何もためられなかったと思います。

btn_mckd

btn_acom