震災の影響で夫の収入が10%カットに。先の事を考え私立小学校への進学は見送る事に。

pl095

子どもの一人は私立幼稚園に

私の家族は52歳大学教員の夫、40歳の専業主婦の妻、5歳と2歳の二人の子どもの4人家族です。世帯年収は900万円ほどで、家賃8万円の賃貸マンションに暮らしています。子どもの一人は私立幼稚園に通っていて、保育料は3万2千円程度です。

今現在、夫の職場がある地方都市に暮らしていますが、子どもが中学生になるくらいの段階で、私たちの実家がある都内へ家を新築する予定でいるため、賃貸生活があと5年程度は続く見通しです。月々の手取りは42万円程度、ボーナスは年間170万円で年間250万円の貯蓄をしてきました。

受験させてみたいと思っていましたが夫が…

この地域には、年間50万円程度の負担で通わせることができる私立小学校があります。おっとりとした雰囲気が我が家の子育て方針にも合いそうで、英語教育にも力を入れている点や、中学高校は進学校であることからも魅力を感じて受験させてみたいと、年少の時から家庭学習をしていました。

しかしそんな折、震災の影響から公務員の給与がカットされ、それに応じるように夫の職場も給与がカットされることになったのです。平均で7パーセントということでしたが、夫は役職者だったため10パーセントの減給ということになりました。

そのため手取りが5万円、ボーナスが20万円ほどカットされることが決まったのです。2年間の限定措置とはいえ、日々の暮らしに与える影響は大きいものでした。ちょっとでもいつもと違うものを買うと、赤字になってしまうのです。

とたんに赤字

冠婚葬祭などの臨時出費のほか、子どもがいると急病のためタクシーを利用することになったり、幼稚園のお付き合いがあったりして思いのほか避けられない臨時出費があるものです。そうなると、とたんに赤字です。双方の実家が遠く、まわりに親戚一人いない状態だったので、私はできることから稼ぐしかないと放送モニターをしたり、在宅ワークをしたりして、ちょっとずつでも稼ぎました。

子どもの習い事をひとつに絞り、私が家庭でできることはママ塾と称して市販の問題集を研究してフォローしました。経済状態で子ども能力を見限りたくはありません。これだけは徹底して私の心にあったので、できる限りのことはママ塾でフォローです。

しかし私立小学校への進学は結果的に見送ることにしました。今はぎりぎり学費が出せるかもしれないが、先のことを考えると不安があるという判断です。仕方がありませんが、生活が破たんしてしまっては困ります。

btn_mckd

btn_acom