商売が赤字続きで自殺未遂・破産宣告。父親の壮絶人生。

gf1940102626l

病気を患って会社を休職。借金で首が回らない

両親が商売をしています。商店街のなかにお店があるのですが、近くに大型店舗ができました。また、駅前が再開発されて、人の流れが変わったため、商店街も人通りが少なくなりました。そして、それとともに売り上げがあがらなくなりました。いつの間にか両親が借金で首が回らなくなっていました。

私は、病気を患って会社を休職せざるおえなくなりました。それでも少し、収入はあったのですが、あるとき、社長が逃げていなくなり、会社もなくなってしまいました。収入源が完全にたたれてしまいました。親にも借金があるので、頼れないし、私自身も病気で働けないので苦しいです。

不あたりを出して店の品物が…

子供の頃から、商売人は大変だという記憶があります。子供の頃にも不あたりを出したことがあります。その時、店の品物が全部なくなったらしいのですが、私は、その時の記憶が全くありません。

人間は、本当に辛い時には、記憶がなくなるんだということを実感しています。また、父親が、夜働きに出ていたこともあります。子供ながらに、毎晩父親がいないのことが不思議でした。

また、20年くらい前にも一度、父親が自殺をしようとしたみたいです。その時も、株に手を出して、貯金などがぜんぶなくなったようです。新しい事業に手をだして、それがうまくいかないかもしれないと思い、自殺未遂をお越したようです。その時に、親に出資をしました。

父親の商売が赤字続き、ついに破産宣告

昨年、結局、商売が赤字続きになり、借金が返せなくなり、破産宣告をした模様です。その時も、弟や、親戚などにいろいろ借金をしていて、もうどうしようもなくなってしまっていたようです。私も働けないし、自分が生きていくだけで精一杯なので、出資することはできません。

なんとかしてあげたいとは思いますが、私は、私でなんとかしないとまた、ほかの人に迷惑をかけることになるので、親には一切出資はしませんでした。弟にもこれ以上お金はかさないようにしたほうがいいと助言しました。

母親は、昼も夜も働いて…

今、商売は続けています。母親は、昼も夜も働いています。父親は、気が抜けてしまったのか、一日中、テレビを見て過ごしています。本当は、もう引退して、ゆっくり余生を楽しんでもおかしくない歳なので、なんとも苦しい限りです。

自分が、健康で、バリバリ働けていれば、親を助けることもできるだろうにと思うこともしばしばです。でも、実際は、自分の毎月の生活費だけで精一杯です。まずは、病気を治して、本当は、家族みなが幸せに生きていければいいなと思います。

btn_mckd

btn_acom