父が亡くなって分かった、色々な支払いに苦労しています

pl159

3年前に実父を病気で亡くしました。誰しもいつかは天国へいってしまいますが、亡くなった父を恨んだりは絶対にないのですが、いろいろと困ったことは残っています。その中で、家の土地の関係や国的な支払いなどたくさん残っています。また、それに便乗したかのように、他の支払いがとどこうっています。

土地の税金の支払い、国民年金、健康保険…

一つ目は土地の税金の支払いなのですが、名義の変更の関係があり、父の父つまり祖父の名義から父の名前に名義変更してあった家の土地が、そのままにしておけば5000円くらいの支払いでよかったのですが、変更してあったものですから、倍以上に支払いが高くなりました。それを支払わなければならないのは、当然息子の私の役目です。

そして二つ目は国民健康保険、国民年金の未払い、集落排水など未払いがどんどん増えていってるのが現状です。一番困っているのは以前、私の地域は土地改良のあったところで、その代金は各戸で支払わなければならず、家の場合ですと約200万円くらいでした。それは分割で払うのですが、もう数十年前のことだから完済してあると思っていたら、実は五十万円くらい残っていることがわかったんです。現在も支払いが出来ていません。

今後どうやって支払っていこうか

それを知った時は本当に困ってしまいました。今も困っていますが、今後どうやって支払っていこうかと悩んでいます。毎月一万円づつとかって、役所には振り込み用紙が送ってきますが。そんな毎月スムースにはいきません。結局は遅れいくわけです。そういったことは殆ど父がやっていましたから、亡くなってから初めていろいろ知りました。父が生きている時に、もう少し家のことをしっかり考えていればよかったのかなと後悔は若干あります。

支払いができないのが一番つらいです。今後どうなっていくかはわかりませんが、しっかりと自分やっていくしかありません。もう父もいませんから。母は健在ですが、病気でベッドの生活なので私が介護していくしかありません。そんなこんなでお先真っ暗なようですが、悪く考えず、自分なりに一歩づつ進めていけたらなと思っています。父親がいた時ってほんとに人は幸せなんですね。亡くしてみて、本当に実感しています。

btn_mckd

btn_acom