試用期間中に解雇。解雇通知書もなく労働基準監督署に相談

af9920045341l

試用期間に解雇されました。会社側は何度も注意したが改善が見られなかったらから、非正規採用で雑用をやるか、解雇だと言いました。

私は注意後、言葉使いなど変えて最善の注意を払ったと言いましたが、とりあってもらえませんでした。実際に問題だと指摘された言葉は、採用されはじめに、1度か2度言っただけでした。それが解雇理由の一つになるなど想像もしませんでした。

危険と分かってもらうための表現

車いすの認知症のご利用者様がいます。車いすから落ちそうになるほど、身体を動かしていました。「あぶないですよ」「車いすから転倒してしまいますよ」となんど声かけしても分かってもらえません。

分かるぐらいの認知症であれば、そのような行為もしません、仕方が無く、今のご利用者様の行動は危険と分かってもらうための表現を考えました。「それ以上、身体を車いすから乗り出すと、手すりから落ちておちていましますよ」「その先は崖と同じ断崖絶壁危険ですよ」そのように声をかけました。

これで解雇になってしまうのであれば

ご利用者様は「ああ、怖いと言い、乗り出した身体を元に戻しました」確かに表現は悪いかもしれませんが、この言葉が解雇につながるなど考えてもいませんでした。ただの、あら探しのような経営者の態度に腹が立ちました。いい加減にやっていたのであれば納得もいきます。

器用な人間ではありませんし、特別優秀でもありませんが、これで解雇になってしまうのであれば、仕事中なにもできなくなってしまします。

社会的な殺人と同じ行為

現在30代、転職後3ヶ月で解雇になり、収入も途絶え、どうしていいのか分からない状態です。これから、次の仕事を探すのですが、応募先の会社にこの理由をいうチャンスすらないでしょう。

履歴書で落とされてしまします。生活自体が困難な苦しい状況です。前会社のやり方は、社会的な殺人と同じ行為です。あまりにもやり方が汚すぎる。労働基準監督署は好きでありませんが、初めて行きました。経緯を説明すると、あっせんか、裁判をするように進められました。

絶望的な状況

あっせんから始めてみようと思います。裁判をするつもりもありませんが、あっせんを拒否されたり、誠実な対応をとってもらえない場合は、自分で勉強して裁判を行います。その経緯をホームページを作り書いて、アフィリエイトなどにチャレンジして生活費の少しでも足しにしようと思います。とりあえず、何でもいいので、仕事を探しつつ次の手を考えていきたいと思います。

絶望的な状況でもありますが、もうどうしようもありません。やれることを淡々とやるだけです。しかし、前会社は業務が終わって無くてもタイムカードを先に押して業務に戻れや業務30分以上伸びた場合は、私用でのこってましたと書類を書くように指示をしたりひどいです。

会社都合の手続きをしたにもかかわらず

仕事上残業は理解できるし、お金をすべて要求するつもりなどないのですが、虚偽の書類を作るように強制するだけは納得いきません。また、面接では正規採用しないで、非正規で雑用もしくは解雇だと言ったのに(音声が残ってます)、会社都合の手続きをしたにもかかわらず、解雇通知書を出すのを渋っています。

これは解雇ではなく、試用期間終了にともなう、契約終了ですなどと、就業規則に書かれていないことを昨日から言い始めました。音声が残っているのに、なぜこのようなことが言えるのか、意味がわかりません。

btn_mckd

btn_acom