次の仕事が決まる前に退職。失業手当が切れ…。離職期間中の賢い一人暮らし

gf1420435948l

私は離職期間中の生活費のことで苦しんだ経験があります。次の仕事が決まる前に退職しました。そのため次の会社が決まるまでの間、生活費のことで頭が痛かったです。次の会社が決まるまで約1年間かかりました。その当時、私は一人暮らしでした。実家に帰ることも考えましたが、一人で生活できるように頑張ることに決めました。

初めの3ヵ月は収入無し

ここからは離職期間中の生活について語ります。自己都合退社なので、初めの3ヵ月は収入がありません。その間はなんとか貯金を崩して生活していました。3ヵ月後からの3ヵ月間は失業手当が出ましたが、失業手当が切れてから苦労しました。まだ貯金はありましたが、このままでは尽きるのも時間の問題です。

離職期間中に主にかかる固定費は食費、家賃、光熱費、通信費、保険代などがあります。そのため月に9万円ほどは最低限必要です。

お金のかからないストレス発散で無駄遣いはしない

まずはできる限り節約をするようにしました。無駄遣いはしない。娯楽用品を買うことを控えました。ただ娯楽を全く無しにするとストレスになります。そのためストレス発散方法はお金のかからない方法で楽しみました。図書館で本を借りて読書、ランニング、インターネット。

探せばお金のかからない娯楽は多くあります。お金のかかる娯楽は仕事が決まってからと決めました。無駄な出費を省いたら、あとは稼がないといけません。

そのためアルバイトを行うことにしました。しかし、就職活動中のため長期のアルバイトは難しいです。就職活動も行えるよう、派遣会社に登録することにしました。この働き方ならシフトをこちらで組むことができるので、就職活動にも融通が利きます。

時給ですが900円ほどの現場が多かったですね。それでも週4ぐらいで入れば、月に11万円ほどは収入になります。生活するには十分な金額です。時給の良い現場であればさらに余裕が出てくると思います。

クラウドワークスで塵も積もれば山に

他にもクラウドワークスを利用して稼ぎました。ちょっとした空き時間を利用して作業できるのが利点です。私の場合はデータ入力やライティングの仕事をすることが多かったですね。特にライティングは文章を書くため、考える力をつける点でも良いです。報酬は良いとは言えませんが、塵も積もれば山となるです。

こちらも月に1万円ぐらいの副収入になりました。色々と苦労しましたが、この生活を続けて1年ほどで仕事が決まりました。お金のないときは精神的に不安定になります。そんなときでもしっかりと考えて行動することが大切だと思います。なるべくお金に困らないように、普段から貯蓄しようと思います。

btn_mckd

btn_acom