大学の学費を稼ぐ為、昼も夜もアルバイト。過労で倒れ入院

pl056

仕送り分だけでは全く足りなかった

私は大学生のときに、お金に困ったことがありました。その時、親から仕送りをしてもらっていたのですが、仕送り分だけでは全く足りなかったので、アルバイトをして自分の好きなものを購入したりしていました。

するとある時、父親が入院をすることになり、親から仕送りを受けることができなくなったのです。その時、色々なところからお金を借りて、そのことを解決しようと思っていたのですが、今のところ自分が元気なので、出来るところまで自分で頑張ってみようと思ったのです。

アルバイトをもう一つやる

そしてその頑張る事として、アルバイトをもう一つやる事にしました。私がそれまで昼のアルバイトを一つしていたので、そのアルバイトのほかに夜に働くことが出来るアルバイトを探すことにしました。そして1番良いと思ったのは、居酒屋です。その居酒屋はマンションから近いと言うこともあって、直ぐにその現場に行く事ができるので、そこを選択したのです。

そして、その二つのアルバイトをする生活が始まりました。学生であったのですが、ほとんど学校にいくことができないくらい、疲れ果ててしまいました。アルバイトが終了しても、自宅にかえって少し寝て、また次のアルバイトを行うといった生活をする様になったのです。

眠気との戦い

そのため、ほとんど寝ていない体になっていました。大学にいったときも、眠気との戦いで、自分が何をしているのかわからないほど、疲れと眠気が襲ってきていたのです。そしてそのことを、とても反省をすることが起きました。それは、アルバイト先でふとめまいがおこったと思ったら、そのまま倒れてしまったのです。その後は、救急車で運ばれ、そのまま入院をすることになりました。入院をすると、私の体がボロボロになっていることを知ったのです。

その後は、父親の状態も良くなり、再び学費を仕送りしてもらうことができるようになったので、ほっとしたことです。あの時のことは、私のトラウマとなっていて、決して無理をしてはいけないと、心に強く刻み込んでいます。

もしも今度、お金に困ったとしたら

そしてもしも今度、お金に困ったとしたら、無理をしない方法で、解決をしたいと考えています。そうでないと、結局、周りのお世話になった人に迷惑をかけてしまうので、そのような安全な方法を選択しよう考えています。お金がないと言う時には、自分でなんとかしないといけないと、必死になるものです。しかし、体を壊すほど働くと、後々面倒なことにもなるので、そのようなことは二度としないようにしたいと思っています。

btn_mckd

btn_acom