結婚、出産と同時に主人が病気に。朝も夜もアルバイトを入れ主人と子供を養っています。

pl124

結婚した時から…

結婚して15年くらいが経ちますが、結婚した時から今に至るまでずっとお金の悩みが付きまといます。結婚前の付き合っているときは、あまり見えなかった部分なので仕方ありませんが、結婚して子供が産まれたのと同時位に主人が病気になりました。そこからずっと、私が生活を維持するために働いて家族を支えています。主人と長男と私の3人暮らしです。

本当は、長男には兄弟を作ってあげたいとずっと願っていましたが、私が妊娠するとその間の生活が出来なくなってしまうので断念しました。多分、私の人生の中で後悔があるとしたらその部分だと思います。結婚しなければよかった・・と考えたほうが正直楽ですが、長男がいる現実があるのでその考えも捨てました。

収入としては

収入としては、障害年金と私の働いたお給料です。何よりもつらいのは、病気の主人なのでしょうが、そばにいる家族も相当つらいです。世間の噂などもありますしね。生活は何とか普通に出来ていますが、女の私の私の稼ぎはたかが知れています。月収15万円位で、ボーナスなどはありません。

始めの何年かは、厚生年金なども入れてもらえなかったので、将来の不安ばかり抱えていて、例えるなら毎日ビクビクしたような状態で暮らしていました。主人と同じ病気の人は、世界中にたくさんいますが、不治の病と言われています。

身の丈に合った働き方

しかし、身の丈に合った働き方をしている人もたくさんいるそうです。主人は、調子がたまにアルバイト的な仕事を見つけては取りかかりますが、1か月くらいするとすぐに辞めてしまいます。初めのうちは、何とか社会復帰したいという思いもあったみたいなので、就職活動をしたり頑張っていましたが、ここ最近は、私が働いた収入と年金分で何とか生活もできていることもあり、私に頼りっきりになっています。

私も、病気のことは理解しているつもりなので、無視する必要もないと思いますし、半ば諦めもあります。
主人にお金のことを望んでもどうにもならないからです。子供の成長とともに、かかるお金も増えるのは当然です。

夜間や早朝にできる仕事

私は、今までの仕事をメインで続けながら、夜間や早朝にできる仕事見つけては頑張っています。例えば、早朝なら農家での収穫や出荷のお手伝いや、夜ならクラブのフロアレディ―などです。副収入を、将来的な子供にかかる費用として貯金したり、自分への褒美としています。これだけ頑張っているのに、ご褒美がないと空しくなりますから。

ずっとアパートに住んでいますが、家賃も今までそんなに大げさに上がっていませんので助かっています。先の見えないことなので、ただ毎日無事に過ごせるだけでもありがたいと思わなくては…という考え方を持つようにしています。

正直言って、障害年金で生活ができるとは思えません。主人のように、妻や子どもがいる人にとってはいいかもしれませんが、独身のひとで同じ病気の人はどのように暮らしているのだろうと思います。私に何かったら終わりなので、今は自分の健康を保つように努力しています。

btn_mckd

btn_acom