趣味で自動車、バイクを何度も買換え。多数のローンを抱え身動きが取れない時に…

pl064

借金を作りやすい自分

私はお金がらみの設計が大変下手くそで生活の上で借金を作りやすく、それを返済にめぐり様々な苦労をしてしまう欠点があります。これから紹介する苦労話を具体的に列挙していきたいと思います。

多重債務の状態に…

 30歳前の頃でしょうか?結婚6年後子供3人にめぐまれ職にも安定した企業に恵まれていたにもかかわらず多額の借金をしてその返済に苦労しました。

  1. 車が好きでオートバイ、自動車を多数買い替え、ローンが多数。しかも多額になってしまった。
  2. 支払いの銀行引き落としが月3回(1回8万円引き落とし)で月28万円支払っていた。(この時の給料の手取り30万円)
  3. 支払いが足りない時は別のローン会社にキャッシングを申し込んで借りていた。(自転車操業)

当然借金はどんどん膨れ上がり、身動きが取れない状態になりひとりの問題では解決できず、ついに親親戚にすべてを報告して解決に至りました。(教訓借金は一人で悩まない)

病気で倒れた所にキャッシング会社からの催促

 それから20年後、そんな苦労も忘れかけた頃、また何を考えているか判らない私はバイクほしさにサラ金に手を出した。そのバイクを買うにあたってサラ金の返済は業者の指定口座に期日までに振込み返済するものだった。ある日、私にとって最悪の日が…。

それはある日突然でした。私がクモ膜下出血破裂により意識をなくして病院に運ばれた3週間ほど重体で生死の境をさまよっている間にキャッシングの返済期限が来てしまった。そのキャッシング会社が妻宛に電話が来た(本人を出してほしいとキャッシング会社の要求)その時の用件は妻にはキャッシング会社は話さない、妻は私が今このような状態であることをキャッシング会社にいっても信用してくれない。

そのようなやりとりが数回続いた。そうこうしているうちに私の意識が戻り、妻がそのキャッシング会社の不可解な電話内容を私に伝えた。(正直言って意識を取り戻したばかりの当時の私はイメージするのが大変つらかった)でも何とか思い出し、妻にこの借金の返済の件をつげると後日妻へキャッシング会社から電話が来た。

旦那様の返済が滞りました

「旦那様の返済が滞りました。借金は全額返してもらいます。」妻は唖然とした。そこで診断書でも何でも出すから信じてくれと嘆願した。その時キャッシング会社は「それならば電信振込みで今月分返済してもらえば全額返済は猶予しましょう。」と、いわれほっとしましたがなんと銀行振り込みは15時までに振り込まないと本日扱いにならない…。

今の時間は「14:50」あと10分しかない!と思いつつ妻は大急ぎで近くの銀行で振込みが間に合いました。結局私たちが本当のことを言っているか試したのだと思います。(そのキャッシング会社は今現在は倒産してしまいました。)

教訓借金のことは一人で抱えるとどんなことが先にあるかわからない誰かに伝えましょう。以上、無駄な努力と苦労がつきません。お気をつけください。

btn_mckd

btn_acom