突然、愛猫が病気に。治療費は30万円。かなり困りました。

pl041

2匹の猫と普通の生活

私は20代のフリーターです。特に余裕があるわけではありませんがお金に困ることはなく2匹の猫と普通の生活をしていました。ある日、猫ちゃんの様子がなんだか変だなと思い、緊急病院へ連れていくことになりました。少ないですが10万円ほどの貯金があったので何かあったとしてもこれでなんとかできるだろうという気持ちでした。

病院へ連れていくと腎不全と言われ、症状が酷いので即入院との事です。お金のことよりも愛猫を失う不安のほうが大きく、そんな状態のまま2日が過ぎました。病院へ行くと医師から「こちらではもう同じ治療しか出来ません。回復する見込みがないので透析手術をしている病院を紹介しましょうか?」と言われたのです。お金で命が助かるのならと思い、病院を紹介してもらいました。

動物は人間のように保険がきかず

その際緊急でかかった病院のほうの清算をしたのですが、7万円弱…。動物は人間のように保険がきかず全て実費、言い値なのです。綺麗で大きな緊急病院でしたが、結構な値段するんだなと感じつつ紹介してもらった先の病院はもっと高いのかな?という不安が出てきました。ですがそんな事を考えている暇はありません。すぐに紹介してもらった病院へ向かいます。

病院へ到着して診察してすぐ即入院した方がいい、透析手術を…。と言われました。私は費用面が結構気になっていたので、どのくらいの費用か尋ねてみると1日1万円程度との事。思っていたよりは安いかな?と思い、上手くいけば5日程で退院できるとの事で透析手術を決意。

当時付き合っていた彼に相談して、足りないお金は彼に借りることになりました。それから5日、あまり病状はよくならず。予算の問題もありましたが治療を中断なんて事は頭にありませんでした。

お会計は10万円

早く治ってほしい一心で毎日お見舞いへ行きました。家からかなり離れた病院だったため交通費もかさみます…。そうして毎日を過ごしていくうちに、少しづつ顔色も良くなり、数値も正常値に近づいてきた頃医師から通院に切り替えましょうかとの提案がありました。入院してから12日たってからの話でした。とてもいい病院で、費用も少し勉強しますといわれお会計は10万円。彼から借りたお金で支払いました。

そして次は通院生活です。毎日点滴をしに家から車で30分かかる病院へ連れていかなければならなくなってしまったのです。駅が近くにある病院ではなかったのと、腎臓が悪いため寒い外へカゴで持ち歩くと負担になってしまうため、車しか手段はありません。毎日彼にお願いして、彼がダメな日はタクシーを使う以外の方法はありませんでした。病院代は1日4000円程度。これが2週間続きました。

彼の蓄えにも限界があったため、親や友人にもお願いしてお金を貸してもらいました。今はすっかり元気になってくれて、2週間に1回検査も兼ねて通院している状態です。お金の面は、彼以外にはすべて返済し終えましたが、彼にはまだ今の通院代も頼っている状態です…。

btn_mckd

btn_acom