ネットビジネスに数百万円の投資。初期投資は大事!と、ドンドン投資したものの…

pl114

変化が訪れたのは、30歳頃

お金の事情も人それぞれです。裕福で生まれながらに湯水のようにお金を使うリッチな生活を送っている人もいます。日本は中流階級が多く、私もそのうちの一人でした。ありふれた家庭に育ち、豊かではないものの満ち足りた生活を送っていました。

変化が訪れたのは、30歳頃の事。仕事にゆとりがなくなり、私生活が乱れ始めます。再就職を考え始めることに嫌気が差した私はネットビジネスに取り組むことになりました。ネットビジネスと言ってもさまざまあります。数百万円ほどの資金を投じてネットショップやサイト運営に乗り出すケースもあるのです。

キャッシングしてビジネスを開始

資金の余裕が私にはなかったために、キャッシングしてビジネスを開始しました。最初の借入額は50万円です。借りる金額としては小額でしたが私にとっては大金です。以前の仕事で蓄えていた資金は100万円ほど。

カードローンをその頃に作成していましたので消費者金融でキャッシングします。私が始めたものはネットショップです。これは維持管理費が少なくすむため、開始費用は比較的安く済みます。ショップ運営自体でのコストが少ないことが利点でしたが、基本的には開設しただけでは利益が出ません。広告出稿に費用を使い、検索からのアクセス数を増やすために業者を利用し更なる費用を使います。

借り入れ額は100万円を超え

この時点で借り入れ額は100万円を超えます。「ビジネスには初期投資が大切」セミナーで受けた講義を思い出し、費用を惜しまずに使います。カードローンも複数の消費者金融から借り出し、返済額も増えていくようになっていきました。ネットショップの売り上げというものはそう増えては行かないものです。

そして、目指したい「リピーターの獲得」というものも思惑通りに増えては行かないのです。赤字経営が続いていくことに不安を感じ出し、一度は借り入れを停止して全額返済します。滞納していくことでの利息を考えれば適切な判断だと思っています。実際のところ、そのショップは黒字にしていけないまま現在はほぼ半閉鎖状態となっています。

忍耐強さも必要

講義を思い出しますが、そのショップは1年ほど経つもののアクセスも増えずに再訪問してくれるお客もいません。上手くいかない事業も山ほどあると聞きます。投資金額に見合ったリターンを考えたいなら、ビジネスモデルも必要という言葉を思い出し、他の事業を考え始めたのです。ネットショップ経営から新たなビジネスを模索し、今は取り組んでいる最中です。

btn_mckd

btn_acom