同棲中の彼氏が独立。知り合いのツテで仕事はあったものの、生活は厳しく借金も

pl156

彼氏と同棲中でした。同棲2年目に彼氏が仕事を独立しました。私は短時間バイトだった為、収入は10万円いくか、いかないかでした。  独立して知り合いのツテから仕事はあったのですが、長期間その知り合いの仕事で拘束され、その仕事が終わるまで次の仕事に、取り掛かれませんでした。

四ヶ月拘束の間、収入はないが生活はしていかなければならないので、貯金から生活費を賄いました。仕事で使う道具や経費も貯金からなので、お金が間に合わなくなり、彼氏が借金をはじめました。仕事がおわっても、知り合いがお金を払ってくれませんでした。親に頼れば良かったのだろうけど、当時 反対を押しきっての、同棲だったため頼るわけにはいかず、家賃70,000円、光熱費も払えず半年家賃をためこみ、ガス、水道、電気も止まりご飯も食べれずで、日払いしてもらえるスナックに私が働きに出始めました。

昼の仕事の給料は借金返済でなくなるので

昼の仕事の給料は借金返済でなくなるので、私たち二人が食べていけるお金を、水商売でまかない、彼氏は不払いの知人に毎日かけあっていました。それでもお金がおいつかず途方にくれていたとき、彼氏の昔からの信頼のおける人が 彼氏に声をかけてくれ、当面の生活費をこれからする仕事の前金として渡してくれました。

とりあえず家賃、光熱費を全て払い、不払いの知人の話あいに同業者として第三者として仲介してくれ 話をつけてもらい、そこから生活を建て直すために 彼氏も顧客を増やすために色々まわり、私も生活の見直しなどをはかり借金を少しずつだけど返済していきました。

彼氏は自己破産を拒否

借金は最初は利息だけで、いっぱいいっぱいで、なかなか元金が減らず 自己破産も考えていましたが、彼氏は借りたら返すが当たり前だからと自己破産を拒否しました。自己破産をすれば、早く楽にはなっていたのだろうけど、彼氏が決めた事なので食費を削り 光熱費を削り家賃の安い所に引っ越し、無駄な遊びはせず我慢しながら二人で早く返済することを目標にやっていました。

私の母親に呼び出され 久々に二人で会うと、親が痩せた私にビックリして、理由を答えると激怒され、少しでも早く借金が返済できるようにと、数十万円を貸してくれました。

彼氏と二人で感謝して数十万円は借金返済にまわし、それからも 二人で働きコツコツと返しながら 生活も収入も落ち着き それから借金を全額返済しました。今は、あのとき大変だったねー!!と笑い話にはできるようになったけど 子供がいる今、絶対に、あんな生活はしたくないです。

btn_mckd

btn_acom